おすすめの竿受け(竿立て)を釣り場別に紹介!元釣具屋が厳選した15アイテム

NO IMAGE

あわせて読みたい

おすすめの竿受け(竿立て)を釣り場別に紹介!元釣具屋が厳選した15アイテム

竿受けの画像

あると便利な竿受け(竿立て・竿掛け)を釣り場別に紹介!元釣具屋が人気の使いやすいアイテムを厳選しました。竿受けを使うメリットも解説します。

アイキャッチ画像提供;tsuki

竿受けは必要?

竿受けの画像

竿受け(竿立て)は竿を置くための道具で、釣り場や道具の形状に合わせたさまざまなアイテムが販売されています。

竿や仕掛けのように必須の道具ではありませんが、釣りをしていると何かと竿を手から離すシーンも多いため、用意しておくと釣りがより快適になるでしょう。

本記事では、元釣具屋の筆者が竿受けの役割やおすすめのアイテムを紹介します。

竿受けの役割

竿受けの画像

文字通り竿を置くためだけのアイテムですが、使ってみるといろいろなメリットがあります。

まずは竿受けの役割について確認しておきましょう。

タックルを傷つけない

竿受けの画像

地面や船に直接竿を置くと、どうしても小傷等が付くのを避けることはできません。

竿が転倒したり、置いている竿を踏まれたり、リールが砂を噛んでしまったりと、重大な破損に繋がることも。

竿受けを使っていれば、そのようなトラブルから道具を守ることができます。

手返しのアップ

竿受けの画像

竿受けを用いて安定した場所に竿を置いておくことで、両手を空けられます。

両手が空くと仕掛け作りやエサ付けなどを集中してスムーズに行えるため、手返しが良くなり、効率的に釣りを行うことが可能です。

手返しがよくなると必然的に実釣時間が長くなりますので、釣果のアップも期待できます。

疲労の軽減

竿受けの画像

釣れない時間帯やアタリを待つタイミングなどの竿を持つ必要がない場合に、竿を竿受けに置いておけば疲れを軽減できます。

特に電動リールがついた船竿や磯竿、投げ竿は重たいので、適度に竿受けに竿を置いておけばかなり体が楽ですよ。

おすすめの船釣り用竿受け

竿受けの画像

船釣り用の竿受けは、船縁にクランプで固定する本格的なタイプと、竿立て用の穴に差し込んで竿を立て掛ける簡易的なタイプの2種類があります。

その中から人気のアイテムを厳選しました。

チビラークロング(第一精工)

コンパクトで軽量な竿受けです。

クランプの幅が広く、添え木も付属しているため、さまざまな船の船縁に固定できます。

取り付けは簡単で、ノンスリップゴムによってきっちりと固定できるので安定感も抜群です。

ライトホルダー 240CH(ダイワ)

240mmまでの幅に対応する厚みのある船縁に適したロッドホルダーです。

置いた竿の角度調整ができる機能も付いています。

ホルダーを外さずにタテ/ヨコの切り替えができるため、パーツの落水が起こりにくいことも魅力です。

Vホルダー PH-A12S(シマノ)

Vウィング構造によってがっちり固定できる安定感の高い竿受けです。

安定感の高さはもちろん、船縁への取り付けがスピーディな点もGOOD。

付属のゲキハヤサポートもロッドへの取り付けがスムーズです。

ハイラーク 16(第一精工)

荷重150kgに耐える大物用竿受けです。

ヒット時には理想的な竿の角度をキープできるショックアブソーバー機能が備わっています。

添え木2個と尻手ロープが付属しています。

チョイ置きホルダー(ダイワ)

超軽量かつコンパクトな船縁の穴に差して使う簡易タイプの竿受けです。

発泡素材なので海に浮き、落水しても回収しやすくなっています。

本格的な竿受けに比べてリーズナブルな点も魅力的です。

おすすめの堤防・磯・砂浜用竿受け(竿立て)

竿受けの画像

堤防に立てかけたり、手摺に固定したり、砂浜に刺したり、磯にピトンで打ちつけたりして使う岸釣り用の竿受けをまとめました。

よく行く釣り場に適した竿受けを選んでみてください。

アルミ三脚ワンタッチ 2段(プロマリン)

軽量でシンプルな三脚タイプの竿受けです。

フックが付いていてバケツやビニール袋を掛けられます。

堤防での投げ釣りや泳がせ釣り、ウキ釣りなどにおすすめです。

スーパーパイプ受太郎(第一精工)

丸型のパイプに取り付けられる竿受けです。

そのため、海釣り公園やフェンスがある釣り場に適します。

ノンスリップラバーが付いており、雨で濡れた滑りやすいパイプでもしっかりと固定することが可能です。

ライト竿掛けセット(ダイワ)

軽量な中空ピトンと竿掛けのセットです。

強風でも竿が回らない縦溝加工によって不意のトラブルを防止します。

磯釣りにおすすめの竿掛けです。

サンドポール ロング(第一精工)

地面に差して使うシンプルな竿受けです。

リーズナブルで軽量、さらには伸縮機能まで備わっています。

砂浜での投げ釣りやルアーフィッシングにおすすめです。

竿やすめ ロングベルト(ヤマシタ)

マジックベルトで固定する簡易な竿受けです。

他の竿受けとは異なり、非常にコンパクトなので持ち運びも便利。

釣り公園などの柵がある釣り場に適します。

その他のおすすめ竿受け(竿立て)

竿受けの画像

バッカンやクーラーボックスに取り付けられる便利な竿受けを厳選しました。

海上釣堀受太郎(第一精工)

付属の台ネジで筏などに固定できる竿受けです。

スピニングリールと両軸リールの両方に対応。

高い位置に竿をキープでき、大型のリールでも筏に当てずに使用できます。

バッカン受け太郎(第一精工)

バッカンの縁に挟みこんで固定するタイプの竿受けです。

小継タイプなので仕舞寸法が小さく、40cmバッカンにスッキリ収納できるので持ち運びも便利。

フカセ釣りにおすすめで、エサ付けや仕掛け調整などが快適にできます。

CPキーパー(ダイワ)

クーラーボックスの側面に取り付けるタイプの竿立てです。

直径約33mmまでのロッドに対応します。

予備のタックルを立てられるため、ルアーマンからも人気です。

ライトルアーロッドスタンド 300(ダイワ)

コンパクトで軽量、安定感のある三脚タイプのロッドスタンドです。

3本までのロッドをセットでき、ちょっとした移動の時に便利な持ち運び用ハンドルが付いています。

堤防でのライトゲームやエリアトラウトなどにおすすめです。

ピタッとマルチハンガー(大阪漁具)

吸盤式で取り付けるハンガータイプの竿受けです。

クーラーボックスに付けるほかにも、車のウインドウに付けてロッドホルダーとしても使えます。

また、ウェアを干すハンガーとしても使えるので便利です。

竿受けを使えば快適!

竿受けの画像

竿受けや竿立ては必需品ではありませんが、タックルを保護したり、仕掛け作ったりするのに役立ちます。

なかなか買う決断をしにくいかもしれませんが、いざ使ってみると想像以上に便利に感じるはずです。

まだ使ったことのない方は、ぜひシチュエーションに合った竿受けを試してみてください!

画像提供;tsuki

筆者の紹介



tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事

続きを見る(外部サイト)

TSURI HACKカテゴリの最新記事